しきたりを知ると何かが変わるか

年末に行うしきたりは、時代ごとに変化を遂げてきています。時代の変化に応じる形で簡略化される行事もありますが、年賀状を書いたり年越しそばを食べる風習は今でもしっかりと残っています。年賀状に関しては、昔とは様相が変わる傾向になってきました。最近では、年賀状に代わるものとして電子メールを使って新年の挨拶をする習慣が根付いてきました。新年の挨拶を行うしきたりは廃れてはいませんが、年賀状の出し方が変わってきているのです。

クリスマスも年末の行事です。本来であればキリスト教の行事として行われるべきものですが、日本では純粋に冬の催しとして楽しむ習慣が根付いています。クリスマスの時期が終われば、年越しの準備を本格的に始めるようになります。門松や注連飾りなどの準備も始めるようになります。年末の行事として欠かせない大掃除も家族で行う必要があるため、本当に忙しい時期です。

かつては正月の3が日の最中には、食料品を扱う店はほとんどが閉まっていたものですから、年末には正月用の食材を大量に買うというしきたりがありました。最近では、正月3が日でも営業しているスーパーもあり、年中無休で24時間営業を行うコンビニエンスストアがあるため、昔のような年末の買い出しの風景は変わるようになりました。それでも、今でも年末に盛大に大売り出しをスーパーで行うのは、昔から残っているしきたりと言えるものです。正月になっても食材は買えるのですが、年配の世代にとっては、年内に大量に買い込んでおかないと正月を迎えられないと思う人が少なくありません。

昔から続く風習は、生活習慣の変化に見事に順応してきたものです。農家では、昔は正月に食べる餅を作る作業を年末に行うのが当たり前でした。今では一般家庭も含めて餅つきをする機会が激減しましたが、新年のイベント会場などの催しで行われることは減ってはいません。餅はスーパーや和菓子店で購入することが現在では多くなりましたが、今でも手作りで餅つきをする家庭もわずかに残っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>